高齢者の施設の説明5.軽費老人ホーム(A型・B型)6.都市型軽費老人ホームです。高齢者施設、医療費が安く。
生活保護者や高齢者及び障害者の老人ホーム、老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅の費用が安い介護が必要。介護求人

高齢者の施設の説明5.軽費老人ホーム(A型・B型)とは

スポンサーリンク

高齢者の施設の説明5.軽費老人ホーム(A型・B型)の概要

高齢者の施設の説明5.軽費老人ホーム(A型・B型)について説明させて頂きます。

高齢者施設についてというページで各高齢者住宅・施設の説明をしていますが、説明不足の点もありますので、ひとつひとつ詳細を説明したいと思います。

スポンサーリンク

※高齢者施設・住宅
高齢者施設・住宅というと、多くの方が特別養護老人ホームと、有料老人ホームを思い浮かべると思います。しかし実際には、下記の表の通り多くの種類があります。今回はその中でもご存じない方も多いと思います『軽費老人ホーム(A型・B型)』について詳しく説明します。

介護保険3施設公的な低額施設・住宅民間運営施設
特別養護老人ホーム④養護老人ホーム⑨グループホーム
②介護老人保健施設⑤軽費老人ホーム(A型・B型)⑩有料老人ホーム
③介護療養型医療施設⑥都市型軽費老人ホーム⑪サービス付き高齢者向け住宅
⑦ケアハウス 
⑧シルバーハウジング 
 

5.軽費老人ホーム(A型・B型)
※概要

項目A型B型
定義軽費老人ホームは社会福祉法に定められた福祉施設の1つでA型、B型、C型(ケアハウス)に分けられます。A型、B型は60歳以上で家庭の事情で家族との同居が困難な人であったり、身寄りのない人が自治体の助成を受けて少ない負担で入居できる施設です。
特徴給食サービスや日常生活に必要なサービスを受けられる。自炊を基本として必要最低限のの日常生活サービス。
所得制限月収34万まで所得制限あり。所得制限なし
施設数(2008年)200箇所30箇所
事業主体社会福祉法人
入居対象者自立~軽介護
基準軽費老人ホームに関する基準

※設備・サービス面

居室の種類原則個室
一人当たり面積21.68㎡以上
介護サービス居宅サービス
設備緊急の連絡のためのブザー又はこれに代わる設備を設ける必要がある。

施設内では、サークル活動やレクリエーションに力を入れているところもあれば、独立性を重視したところもあります。
※医療面
軽費老人ホームでは、医療面でのサービスは必要最低限のものとなります。
※月額目安

A型
一時金不要
月額料金6万~14万程度(食事込み、所得によって異なる)

B型
一時金不要
月額料金0.5万~4.5万程度(食費等は別、所得によって異なる)

<申し込み方法等>
高齢者の入所を希望される方は、居住する市町村の老人福祉担当課にご相談することになります。


スポンサーリンク


高齢者の施設の説明6.都市型軽費老人ホームの概要

高齢者の施設の説明6.都市型軽費老人ホームについて説明させて頂きます。

高齢者施設についてというページで各高齢者住宅・施設の説明をしていますが、説明不足の点もありますので、ひとつひとつ詳細を説明したいと思います。
※高齢者施設・住宅
高齢者施設・住宅というと、多くの方が特別養護老人ホームと、有料老人ホームを思い浮かべると思います。しかし実際には、下記の表の通り多くの種類があります。今回はその中でもご存じない方も多いと思います『都市型軽費老人ホーム』について詳しく説明します。

介護保険3施設公的な低額施設・住宅民間運営施設
特別養護老人ホーム④養護老人ホーム⑨グループホーム
②介護老人保健施設⑤軽費老人ホーム(A型・B型)⑩有料老人ホーム
③介護療養型医療施設⑥都市型軽費老人ホーム⑪サービス付き高齢者向け住宅
⑦ケアハウス 
⑧シルバーハウジング 
 

6.都市型軽費老人ホーム
※概要

定義都市型軽費老人ホームは、無料又は低額な料金で、身体機能の低下等により自立した日常生活を営むことについて不安があると認められる者であって、家族による援助を受けることが困難なものを入所させ、食事の提供、入浴等の準備、相談及び援助、社会生活上の便宜の供与その他の日常生活上必要な便宜を提供することにより、入所者が安心して、生き生きと明るく生活できるようにすることを目指すものです。
背景低所得者や介護度の軽い者の受け皿として軽費老人ホームがあるが、都市部においては、地価等の影響により居住費を含む利用料が高額のため利用しにくいという状況があり、都市部を中心とした地域において、居室面積等の特例を設けて、利用料の低廉化を図り、見守り機能を備えた都市型軽費老人ホームを整備しました。
事業主体社会福祉法人
整備地域既成市街地等の都市部(下記参照)
入居対象者60歳以上で身体機能の低下により自立した日常生活を営むことについて不安があると認められる者

※既成市街地等の範囲

首都圏東京23区、武蔵野市、三鷹市、横浜市、川崎市、川口市の特定の地域
近畿圏大阪市、京都市、守口市、布施市、堺市、神戸市、尼崎市、芦屋市の特定の区域
中部圏名古屋市の特定の区域

※設備・サービス面

居室の種類個室
定員20名以下(5人以上)
一人当たり面積7.43㎡以上
介護サービス居宅サービス

※月額費用目安
高齢者の都市型軽費老人ホームに費用については、入居者本人や扶養義務のある家族の世帯収入、課税状況にもとづき決定されます。生活保護受給者が利用できる範囲に設定することが望ましいとされています。
東京モデル 「都市型軽費老人ホーム」とは
急激に増加する高齢者の単身世帯への対応が求められていますが、きょうの特集は東京都がこの4月から始めた新しい老人ホームの形です。  現在、老人ホームの種類には主に生活支援と介護サービスが提供される特別養護老人ホームや住宅型や健康型など生活支援の選択ができる有料老人ホーム、低額な費用で生活支援サービスを受けられる軽費老人ホームなどがあります。都が“東京モデル”として取り組んでいるのはこのうち軽費老人ホームの新しい形、『都市型軽費老人ホーム』です。先月、厚生労働省の省令が改正されたことを受けこれから整備が始まる『都市型軽費老人ホーム』とはどのようなものなのか取材しました。  都市部で急激に増加する高齢者単身世帯…東京都の65歳以上の単身世帯は2000年の39万世帯から増え続け、2025年にはおよそ2倍の87万世帯になるとみられています。その受け皿として都が積極的に取り組んだのが居住=“すまい”対策です。以前、知事は「年金や生活保護で暮らしている高齢者にも安心・安全な“すまい”を提供する“東京モデル”を国に先駆けて提案しております」と述べていました。都が“東京モデル”と銘打って提案する都市型軽費老人ホームとは、地価の高い都市部の実態に合わせて居室の面積など最低基準を下げ、施設の数と入居者を増やそうというものです。具体的には居室の広さをこれまでの規定のおよそ3分の1とし、食堂、トイレ、浴室の必要最小限の設備があれば建物の整備に公的な援助が受けられるようになります。23区内の単身高齢者の生活保護受給額がおよそ13万円のなか、都のモデルケースでは居住費、食費などを含めた利用料は月額11万4000円です。昨年オープンしたばかりの軽費老人ホーム『ケアホーム東大井』の定員は29人です。個室の広さはおよそ9畳で、利用料はおよそ20万円です。居住者は『お互いに洗濯物をたたんだりをみんなでやります。部屋が広くて良いです。前はカーテンで仕切られていましたから』と話します。食事も選択メニューにするなど共同生活の中でも工夫が見られます。しかし、過密都市東京では『用地の確保』や『施設の整備』が大きな課題となっています。そこで考えられたのが『都市型』です。軽費老人ホームはどのように変わるのでしょうか。都が東京モデルの参考にしたというグループホームを訪ねました。このグループホームの部屋はおよそ6畳です。定員は18人、利用料は月額およそ13万円です。食堂などの共用部分にあるため、個室が狭いなどの意見はこれまでないとのことです。グループホームなごみ方南の及川竜一ホーム長は『空きが出たときに面接とかすると30名40名の方が待ってらっしゃる状況なので、こういう施設が増えていくのであれば僕たちも喜ばしいこと』と話します。  都が国に先行して取り組んでいる『都市型軽費老人ホーム』。4月に省令が改正され、これから建設が始まる新しい老人ホームは高齢社会を救う切り札となるのか注目が集まっています。  東京都・福祉保健局の小川秀司副参事は「東京都がまさに当事者として提起した『都市型軽費老人ホーム』は、『大都市の低所得、ひとり暮らしの高齢者』の問題に対して、設置基準の大幅な緩和や新たな補助制度の創設など国に大きく舵を切らせました。都は高齢者のすまいに関するさまざまな取り組みを進めていくことで、すべての高齢者が住み慣れたところで安心して暮らしていける地域づくりを進めていきます」と話します。都は今年度から23区と武蔵野市の全域、三鷹市の特定区域で整備することを決め民間事業者などを集めた説明会を開きました。会場には400人以上が訪れ関心の高さが伺えました。都の目標は2012年までに240ヵ所2400人分を整備することです。2014年度までの事業費として168億円を計上しています。しかし、現場の事業者からは高齢者が自宅で過ごせるよう、今後は在宅支援にも目を向けるべきとの意見もあります。ケアホーム東大井の八幡雅冬施設長は「本来であれば自宅での生活というのを皆さん望んでいて、誰一人として望んで入ってきてはいないわけですから、そういうことも応援できたら良いのかなと思っています」と話します。  『都市型軽費老人ホーム』の導入は1つの前進といえますが、より高齢者が利用しやすい施設の整備や在宅支援など解決すべき課題は山積しています。高齢社会にふさわしい新たな“すまい”の実現に向けた取り組みは始まったばかりです。
東京都は当初2012年までに240箇所、2400人分の整備としていましたが、2013年7月時点では20箇所、340人と留まっているようです。
※申し込み方法等
高齢者の入所を希望される方は、居住する市町村の老人福祉担当課にご相談することになります。

高齢者の安い介護費用や老人ホーム、老人保健施設、年金などについての一覧です。

老人ホームや介護費用が安い料金サイト一覧です。
老人ホームや介護費用が安い料金
高齢者の介護保険のしくみと概要 特別養護老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅一覧 養護老人ホーム、軽費老人ホーム一覧 老人保健施設、地域別一覧 デイサービス、地域別一覧
高齢者の介護保険のしくみと概要 高齢者の要支援・要介護のめやすと支給限度額について 高齢者の介護保険の上乗せサービス・横出しサービスとは    
高齢者の介護サービスの種類とは 高齢者の居宅サービス2.訪問入浴介護3.訪問看護 高齢者の居宅サービス4.訪問リハビリテーション5.居宅療養管理指導 高齢者の居宅サービス6.通所介護(デイサービス)7.通所リハビリテーション(デイケア) 高齢者の居宅サービス8.短期入所生活介護(ショートステイ)9.短期入所療養介護(ショートステイ)
高齢者の居宅サービス10.福祉用具貸与11.特定施設入居者生活介護 高齢者の地域密着サービス1.定期巡回・随時対応型訪問介護看護2.夜間対応型訪問介護 高齢者の地域密着サービス3.認知症対応型通所介護4.小規模多機能型居宅介護 高齢者の地域密着サービス5.複合型サービス6.認知症対応型共同生活介護(グループホーム) 高齢者の地域密着サービス7.地域密着型特定施設入居者生活介護8.地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
高齢者の施設の説明1.特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)2.介護老人保健施設(老健) 高齢者の施設の説明3.介護療養型医療施設(介護療養病床)4.養護老人ホーム 高齢者の施設の説明5.軽費老人ホーム(A型・B型)6.都市型軽費老人ホーム 高齢者の施設の説明7.ケアハウス8.シルバーハウジング 高齢者の施設の説明9.グループホーム
高齢者の施設の説明10.有料老人ホーム 高齢者の(リバースモーゲージ)制度      

高齢者の施設等の説明      
高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅1. 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅2.(現状の数と将来推移) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅3.(サービスとは) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅4.(サービス付き高齢者向け住宅と有料老人ホームの違い) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅5.(メリット・デメリット)
高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅6.(ご夫婦部屋について) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅7.(入居条件) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅8.(食事について) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅9.(併設施設) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅10.(地域と月額料金)
高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅11.(退去要因) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅12.(サービス付き高齢者向け住宅と医療行為) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅13.(契約関連) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅15.(安否確認) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅16.(サ高住と認知症)
高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅17.(サ高住と在宅療養支援診療所) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅18.(東京都における独自ルール) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅19.(お酒とタバコ) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅20.(よくあるクレーム) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅21.(サ高住とペット)
高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅22.(サ高住と特養の入所待ち) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅23.(サ高住の運営会社の業種について) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅24.(サ高住の特定施設とは) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅25.(実態調査①入居率・入居者像・入居動機) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅26.(実態調査② 職員体制及び状況把握・生活相談サービスの内容)
高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅28.(サ高住と小規模多機能型居宅介護) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅29.(サ高住と高円賃・高専賃・高優賃) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅30.(実態調査③ 医療関連) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅31.(サ高住と定期巡回・随時対応型訪問介護看護) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅32.(入居の準備に必要な手続き・必要なもの)
高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅33.(サ高住と訪問介護) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅35.(サ高住は終の棲家になり得るか) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅36.(サ高住の増加理由[補助金・税制優遇・土地活用]) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅37.(サ高住に入居するまでの流れ) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅38.(サ高住の費用はいくらくらいか(初期費用・月額費用))
社会保障:福祉関連        
個人情報保護 相互リンク集      
老人ホームパンフレット請求1 老人ホームパンフレット請求2 老人ホームパンフレット請求3 介護求人 介護用品の販売

老人ホームや介護費用が安い料金