高齢者の介護サービスの種類とはです。介護保険で利用出来る介護(予防)サービスは色々とあります。医療費が安く。
生活保護者や高齢者及び障害者の老人ホーム、老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅の費用が安い介護が必要。介護求人

ページの下部へ  

高齢者の介護サービスの種類と、費用が安い介護が必要。医療費を安く。

スポンサーリンク

高齢者の介護サービスの種類の概要
介護サービスの種類について解説します。
介護保険で利用出来る介護(予防)サービスは色々とあります。
一回あたりいくらというものもあれば、定額で利用できるものもあります。
今回はどのような種類のものがどれだけあるかというのを理解していただき、各サービスの説明は次回以降でそれぞれさせて頂きます。
ちなみに大まかな説明は高齢者施設についてのページでも概略を説明していますので、ご参照ください。
居宅サービス
介護スタッフが自宅に訪問したり、施設に通ったり、短期宿泊できるサービスもあります。
要支援の場合でも同じ11種のサービスを受けることができますが、サービスや内容料金が一部異なります。
①訪問介護(ホームヘルプ)
②訪問入浴介護
③訪問看護
④訪問リハビリテーション
⑤居宅療養管理指導
⑥通所介護(デイサービス)
⑦通所リバビリテーション(デイケア)
⑧短期入所生活介護(ショートステイ)
⑨短期入所療養介護(ショートステイ)
⑩福祉用具貸与
⑪特定施設入居者生活介護

スポンサーリンク

地域密着型サービス
高齢者の介護サービスを提供している市区町村の住民だけが利用することができます。
要支援の場合は、①定期巡回・随時対応型訪問介護、②夜間対応型訪問介護、⑤複合型サービス、⑦地域密着型特定施設入居者生活介護、⑧地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護は利用できません。
また、⑥認知症対応型共同生活介護(認知症高齢者グループホーム)は要支援2以上からの利用となります。
①定期巡回・随時対応型訪問介護
②夜間対応型訪問介護
③認知症対応型通所介護(認知症高齢者デイサービス)
④小規模多機能型居宅介護
⑤複合型サービス
⑥認知症対応型共同生活介護(認知症高齢者グループホーム)
⑦地域密着型特定施設入居者生活介護
⑧地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

スポンサーリンク

施設サービス
高齢者の介護保険3施設は、要介護でないと利用することができません。
また、③介護療養型医療施設は将来的に廃止することが決まっています。
①介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
②介護老人保健施設
③介護療養型医療施設
福祉用具の購入
手すりの取り付けや、自立した生活のために役立つ家の改修工事については費用が支給されます。
まとめ
自宅で生活しながら介護保険を利用する場合も、高齢者施設や高齢者住宅に入居し介護保険を利用する場合も上記のサービスを利用することになります。それぞれの詳しい説明は別ページでしますので、まずはどのようなサービスがあるかというのをご理解ください。

居宅介護支援サービス 介護サービス一覧

高齢者の居宅サービス地域密着サービス施設サービス
①訪問介護①定期巡回・随時対応型訪問介護①介護老人福祉施設(特養)
②訪問入浴介護②夜間対応型訪問介護②介護老人保健施設
③訪問看護③認知症対応型通所介護③介護療養型医療施設
④訪問リハビリテーション④小規模多機能型居宅介護居宅介護支援
⑤居宅療養管理指導⑤複合型サービス住宅の改修
⑥通所介護⑥認知症対応型共同生活介護 福祉用具の購入
⑦通所リバビリテーション⑦地域密着型特定施設入居者生活介護
⑧短期入所生活介護⑧地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
⑨短期入所療養介護
⑩福祉用具貸与
⑪特定施設入居者生活介護

高齢者の訪問介護サービスとは
訪問介護とは、訪問介護員(ホームヘルパーや介護福祉士)が自宅を訪問し、介護や生活支援を行なうサービスです。サービス内容としては、「身体介護」と「生活介護」などの介護や家事と、通院などに利用する介護タクシーへの「乗車・降車の介助」です。
身体介護
身体介護に含まれるのは、食事や入浴、排泄といった利用者に直接触れて行う介助やその準備・後片付けなどです。医療行為や療養に関わるケアを頼むことはできません。
・食事や服薬の介助
・入浴の介助や清拭
・着替えや洗面などの介助
・排泄の介助
・体位を変える
・車椅子などへの移乗・移動
・病院の付き添い などです。
身体介護の自己負担費用目安(要介護1~5の場合)

時間自己負担費用額
20分未満170円
20分以上30分未満254円
30分以上1時間未満402円
1時間以上1時間30分未満584円
以降30分以降+74円

20分未満の身体介護について
20分未満の身体介護を受けるにはいくつかの要件があります。(2時間ルールは適用されない)
・夜間深夜及び早朝の時間帯(午後6時から午前8時まで)に行われる身体介護である必要があります。
・日中(午前8時から午後6時まで)に行われる場合は、高齢者の対象者及び事業所の体制が以下のいずれにも該当しなければなりません。
(1)要介護3~5の利用者であり「障害老人の日常生活自立度(寝たきり度)判定基準」おけるランクB以上に該当する者。
(2)サービス担当者会議において、一週間のうち5日以上の20分未満の身体介護の提供が必要と判断されたものであること。
(3)事業所は営業時間を最低でも午前6時から午後10時までの時間帯を含む時間帯を運営規程において定めており、かつ、24時間体制で利用者又はその家族等からの連絡に常時対応できる体制にあるもの。
(4) 事業所は、定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所と一体的に運営しているもの又は定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所の指定を併せて受ける計画を策定しているものでなければならない。
生活援助
生活援助には、調理や掃除、洗濯といった家事全般が含まれていますが、利用できるのは、高齢者、利用者本人が行うのが難しく、家族など身近な人も手助けすることができないものに限られます。援助を頼むことができるのは、利用者本人のために必要なことだけです。
・調理や食事のあと片付け
・掃除やゴミだし、洗濯
・買い物、薬の受け取り
高齢者の世話で頼むことができないもの
・利用者以外のための家事(利用者以外の部屋の掃除、来客の応接、自家用車の洗車など)
・日常生活の援助に該当しないもの(草むしり、ペットの世話など)
・日常的に行われる家事の範囲を超える行為(大掃除、正月などの特別手間をかけて行なう調理)

※生活援助の自己負担費用目安

時間自己負担費用額
20分以上45分未満190円
45分以上235円

通院等のための乗車・降車の介助
・訪問介護員が運転する車への乗車・降車の介助
・通院先での受診の手続き

その他の自己負担費用目安

内容自己負担費用額
通院などの乗降介護100円/1回
20分以上の身体介護に引き続き、生活援助を利用25分ごとに+70円
(限度:210円)
初回加算サービスを初めて利用した月に200円

2時間ルールについて
高齢者の訪問介護を1日に複数回算定する場合にあっては、算定する時間の間隔は 概ね2時間以上とするいうルールがあります。このようなルールがあるため、例えば、午前中は1時間に1回の介助が必要などといった場合に対応ができない可能性があります。

老人ホームパンフレット請求1
老人ホーム
パンフレット請求

 

老人ホームパンフレット請求3
老人ホーム
パンフレット請求


急募各都道府県から市町村別で、介護士などの正社員・契約社員 パート・その他の各種条件で 検索でき、ネットから会員登録することで、求人へ応募できます。

急募老人ホームや介護施設の介護施設求人
急募介護求人

 

老人ホームや介護費用が安い料金サイト一覧です。
老人ホームや介護費用が安い料金
高齢者の介護保険のしくみと概要 特別養護老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅一覧 養護老人ホーム、軽費老人ホーム一覧 老人保健施設、地域別一覧 デイサービス、地域別一覧
高齢者の介護保険のしくみと概要 高齢者の要支援・要介護のめやすと支給限度額について 高齢者の介護保険の上乗せサービス・横出しサービスとは    
高齢者の介護サービスの種類とは 高齢者の居宅サービス2.訪問入浴介護3.訪問看護 高齢者の居宅サービス4.訪問リハビリテーション5.居宅療養管理指導 高齢者の居宅サービス6.通所介護(デイサービス)7.通所リハビリテーション(デイケア) 高齢者の居宅サービス8.短期入所生活介護(ショートステイ)9.短期入所療養介護(ショートステイ)
高齢者の居宅サービス10.福祉用具貸与11.特定施設入居者生活介護 高齢者の地域密着サービス1.定期巡回・随時対応型訪問介護看護2.夜間対応型訪問介護 高齢者の地域密着サービス3.認知症対応型通所介護4.小規模多機能型居宅介護 高齢者の地域密着サービス5.複合型サービス6.認知症対応型共同生活介護(グループホーム) 高齢者の地域密着サービス7.地域密着型特定施設入居者生活介護8.地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
高齢者の施設の説明1.特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)2.介護老人保健施設(老健) 高齢者の施設の説明3.介護療養型医療施設(介護療養病床)4.養護老人ホーム 高齢者の施設の説明5.軽費老人ホーム(A型・B型)6.都市型軽費老人ホーム 高齢者の施設の説明7.ケアハウス8.シルバーハウジング 高齢者の施設の説明9.グループホーム
高齢者の施設の説明10.有料老人ホーム 高齢者の(リバースモーゲージ)制度      

高齢者の施設等の説明      
高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅1. 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅2.(現状の数と将来推移) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅3.(サービスとは) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅4.(サービス付き高齢者向け住宅と有料老人ホームの違い) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅5.(メリット・デメリット)
高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅6.(ご夫婦部屋について) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅7.(入居条件) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅8.(食事について) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅9.(併設施設) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅10.(地域と月額料金)
高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅11.(退去要因) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅12.(サービス付き高齢者向け住宅と医療行為) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅13.(契約関連) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅15.(安否確認) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅16.(サ高住と認知症)
高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅17.(サ高住と在宅療養支援診療所) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅18.(東京都における独自ルール) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅19.(お酒とタバコ) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅20.(よくあるクレーム) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅21.(サ高住とペット)
高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅22.(サ高住と特養の入所待ち) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅23.(サ高住の運営会社の業種について) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅24.(サ高住の特定施設とは) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅25.(実態調査①入居率・入居者像・入居動機) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅26.(実態調査② 職員体制及び状況把握・生活相談サービスの内容)
高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅28.(サ高住と小規模多機能型居宅介護) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅29.(サ高住と高円賃・高専賃・高優賃) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅30.(実態調査③ 医療関連) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅31.(サ高住と定期巡回・随時対応型訪問介護看護) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅32.(入居の準備に必要な手続き・必要なもの)
高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅33.(サ高住と訪問介護) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅35.(サ高住は終の棲家になり得るか) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅36.(サ高住の増加理由[補助金・税制優遇・土地活用]) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅37.(サ高住に入居するまでの流れ) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅38.(サ高住の費用はいくらくらいか(初期費用・月額費用))
社会保障:福祉関連        
個人情報保護 相互リンク集      
老人ホームパンフレット請求1 老人ホームパンフレット請求2 老人ホームパンフレット請求3 介護求人 介護用品の販売

老人ホームや介護費用が安い料金